βグルカンはコレステロール値を下げる効果

血液の中にはコレステロールがあります。コレステロールに関しては全くないと問題になります。かと言ってありすぎるともっと問題になります。かつてはコレステロール多く含まれている食品を食べると値が大きくなると言われていましたが今は関連性が少ないとされています。どちらかといいますと脂質や糖分などをたくさん食べている人が問題になるようです。高くなれば減らす努力をします。βグルカンに関してはコレステロール値を抑制する効果があるとして期待されています。血中にコレステロールが増えると血管が固くなったり、血栓ができやすくなります。減らすことによって血液の流れもスムーズになり、血栓などができる可能性も減らすことができます。コレステロールは長い時間をかけて増えるものですから、減らすときにおいてもじっくり時間を変えて減らすようにします。

βグルカンは腸内環境を整える効果

第二の心臓と呼ばれるのは足です。歩くことでポンプの役割をして全身に血液を送る働きがあるからと言われます。脳といいますと頭の中にあるものだけです。こちらで全身の動きをコントロールしているとされます。しかしある部分に関しては脳に関係なく自分の判断で動いていると言われます。それは腸です。そのことから腸は第二の脳と言われることがあります。どれだけ機能がない動物でも腸はあるのです。腸は栄養分を吸収する部分です。それを超自身が判断して行っています。もし腸の働きが悪くなれば体に悪影響をおよぼすかもしれません。βグルカンは腸内環境を整える効果があるとして知られています。ですからこれを食べることによって腸内の状態を良いようにしておきます。それまで悪いと思っていた人も、正常な状態の人も良い状態を維持できれば、病気にもなりにくくなります。

大麦に含まれるβグルカンとは

大麦は大昔からある作物の一つで、日本人の食の中でも中心的な食べ物でした。最近ではその大麦にβグルカンという水溶性の食物繊維が豊富に含まれていることがわかってきました。日本ではまだメジャーではないですが、アメリカやヨーロッパ等の諸地域では健康管理に役立てられているようです。もともと、大麦の食物繊維の含有量は高く、精米したお米の約20倍です。そして、糖質の吸収をコントロールしてくれるというのがβグルカンが最も注目されている理由です。一日3,000mg以上摂取する事で、コレステロール値を下げて、冠動脈の疾患や心臓病のリスクを下げる効果が期待出来ます。日本ではβグルカンが豊富に含まれたクラッカー、大麦ご飯、ポタージュクリーム、コーンポタージュクリームなどが販売されています。特に朝食に摂ると一日効果があるので、朝食時の飲食物として食べると良いようです。